【小学生のお子様へ】キッズ携帯・キッズスマホの選び方やおススメ6選!料金からスペックまで徹底比較して一挙紹介!

【小学生のお子様へ】キッズ携帯・キッズスマホの選び方やおススメ6選!料金からスペックまで徹底比較して一挙紹介!

子どもが小学生になり、登下校など、子どもが一人で行動することが増えるのを、不安に感じる保護者の方は少なくないでしょう。そんな時に、連絡手段としてキッズ携帯があるといいかもなあ…と感じたことはありませんか?

この記事では、三大キャリアが販売しているキッズ携帯や、HamicやTONEのようにスマホとして使える端末など、キッズ携帯・キッズスマホについて徹底比較していきます。

本記事を読む前に、「そもそも日本全体での携帯の所持率は?」「他のお家はどうして子どもにキッズ携帯・スマホを持たせてるのかな?」といった内容が気になる方は、下の関連記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

この記事でわかること

  • 三大キャリアやその他企業が発売するキッズ端末を比較検討することができる
  • キッズ携帯の選び方について知ることができる
  • キッズ携帯の種類について知ることができる

キッズ携帯とは?

キッズ携帯とは、保護者が子どもと連絡を取り合う事を目的としたモバイル端末です。

通常の大人が使うモバイル端末と違う点として

  • 防犯ブザー
  • フィルタリング機能
  • 位置情報検索機能

など、子どもが離れた場所にいても保護者が安心できるような機能が付いています。

キッズ携帯にはガラケータイプとスマホタイプの二種類があります。2023年に発売された新しめの端末は、タッチ操作やカメラ撮影ができたり、プラスメッセージでLINEのようなやりとりができるなど、従来のキッズ携帯よりも、一歩スマホに近いタイプになります。それ以前に発売されているガラケータイプは、フィーチャーフォン(ガラケー)をベースに、見守り機能がプラスされたもので、通話と見守りに重きを置いたシンプルな端末です。

キッズスマホとは?

キッズスマホは、先ほどご紹介した「キッズ携帯のスマホタイプ」よりも更にスマホに近くなり、web検索やアプリを自分でインストールすることができる端末です。

大人用のスマホに、見守り機能が追加された端末、と考えるとわかりやすいかもしれません。 特に近年はスマホを持つことが当たり前の社会になっている影響で、キッズスマホを持たせる親御さんも増えているようです。

【関連記事】 【子ども】子どものスマホ所有率上昇:小学生でキッズケータイ所有を上回るのは調査開始以来初 モバイル社会研究所(2022)

キッズ携帯・キッズスマホの選び方

キッズスマホやキッズ携帯を選ぶ際のポイントとして重要なのは以下3点です。

  • 防犯、見守り機能の精度
  • 子どもが持ちたがるか
  • 子ども向けの制限機能

これらを踏まえた上で、「キッズ携帯にするか・キッズスマホにするか」「端末の耐久性は十分か」といったポイントを見てみるといいかもしれません。 ここからは、一つ一つのポイントについて、詳しくご紹介していきましょう。

防犯・見守り機能の精度

防犯目的で持たせるお家も多いキッズ端末なので、防犯機能は特に重要なチェックポイントです。 とは言え、子ども向け端末であれば、どれも一般的な位置情報サービスなどは付いています。大切なのは、「大事な時にきちんと使えるかどうか」。

【出典】「平成29年「警視庁子ども・女性の安全対策に関する有識者研究会提言書」

子どもが犯罪に巻き込まれやすいシーンは登下校時間帯が多いと思われがちですが、実は「帰宅後」のお稽古ごとや遊びに出かける時が一番犯罪に巻き込まれやすいという報告も研究者の報告から上がっています。 ランドセルに入れっぱなしになっていたら、本当に必要な時に効果を発揮できません。肌身離さず子どもに持ってもらえるかどうかは防犯の面でも、とても重要な要素になってくると言えるでしょう。

子どもが持ちたがるかどうか

上述の通り、どんなに機能や品質が良くても、お子さんが所持していなければ、見守り機能を発揮することはできません。 遊びに行くときやお稽古ごとなど、お出かけの際にお子様自身が「持っていきたい!」と思うデザインのキッズ端末を選ぶようにしましょう。

子ども向けの制限機能

キッズ携帯の場合は、そもそもアプリを入れたり、ネット検索をすることができない上、アドレス帳に登録された相手以外とはメッセージや通話もできなくなっているなど、強制的に機能を制限しています。 対して、キッズスマホの場合、有害サイトから保護したり、長時間の使用を制限するといった「制限機能」が付いています。大人向けスマホをジュニアモードに設定することでも制限はある程度できますが、小さいお子さんにとっては、不十分な場合もあります。 キッズ端末選びの際には、お子さんに合わせた制限機能の強度から選ぶといいかもしれませんね。

キッズ携帯かキッズスマホかで選ぶ(インターネット検索が使えるか)

キッズ携帯とキッズスマホの大きな違いは、ネット接続の有無になります。(スマホタイプのキッズ携帯は、メッセージの送受信でネット回線を利用するため接続はされていますが、それ以外で使うことはできません。) 余計な機能はいらない、シンプルで十分!というご家庭なら、キッズ携帯の方が、月額費用はリーズナブルになります。 一方、キッズスマホは、ネット接続ができるため、アプリのダウンロードやGoogle検索等のブラウザ機能が使えます。保護者の安全な見守り環境の元で、インターネットで調べ物をしたり、アプリを使ったりと、ネットリテラシーやSNSとの付き合い方を使いながら学べるという側面も、キッズスマホの特徴でしょう。

耐久性の高さで選ぶ

お子様が活発でやんちゃな性格の場合、すぐに画面を割ったり、水没させたりする危険性も。 キッズ携帯を選ぶ際に、耐久性の高さは非常に重要になってきます。

キッズ携帯を徹底分析・比較

そもそもキッズ携帯・キッズスマホには、見守り機能や防犯機能・耐久性などが「あって当たり前」でもあります。 ただ、端末ごと・キャリアごとに、それぞれどれかの機能に特化している事が多くあります。


TONE e22
みまもりケータイ4
HamicMIELS
mamorino6
キッズフォン3
キッズケータイKY-41C
特徴 ・コスパよし ・見守り機能の充実・大人用としても使える
・見守り機能 ・耐久性が高い
・トップレベルの見守り機能 ・楽しい機能が充実
・見守り機能 ・耐久性が高い
・定番のキッズ携帯 ・楽しい機能が充実
・充実のみまもり機能 ・耐久性の高さはトップレベル
タイプ キッズスマホ
キッズスマホ
キッズスマホ
キッズ携帯スマホタイプ

キッズ携帯スマホタイプ
販売元 freebit
セイコーソリューションズ
Hamee
SHARP
ZTE
京セラ

Hamee:HamicMIELS:本体価格29,700円

Hamic MIELSは弊社が発売しているキッズスマホで、見守り機能に特化したキッズ向け端末です。 やりとりや通話には、Hamicアプリというアプリを使い、知らない大人や友達と不用意に繋がりを持つことを避けられます。

さらに、子どもが他の人とやり取りしている内容を見守る事もできるため、SNSトラブルや「ネットいじめ」対策を親子で学んでいくこともできます。 もちろん位置情報を把握することができる機能もついておりますし、保護者の心配事に全て答えたキッズ携帯です。 iFaceのデザインをモチーフに作られた「大人みたい」なデザインも、子どもが持ちたくなると好評です。

Hamee:Hamic MIELS

Hamic公式サイト

キャリア docomo回線
サイズ
縦137.3 ×横67.9 ×厚み 18.4mm
本体メモリ容量
3GB 充電端子
Type-C

freebit:TONE e22:SIMフリー:本体価格29,800円

TONE e22は、大人用スマホとして使えるのはもちろん、TONEファミリーというサービスを利用することでキッズスマホとしても使える端末になります。
TONEは、格安SIMの一種で、小学生だけでなく高齢者に向けても作られている点が、他のキッズ携帯にはない点です。
親の見守りが必要なくなった頃には、TONEファミリーを使わずに、大人用スマホとしてそのまま使うことができるのも特徴の一つ。
また、近年児童ポルノなどの被害もある背景から、AI付きのカメラが、裸を検出すると撮影できないようにブロックがかかり、保護者に対しても通知が行きます。

[画像引用:TONE e22]

TONEモバイル公式サイト

[画像引用:TONE e22] TONEモバイル公式サイト
キャリア SIMフリー(回線はdocomo)
サイズ
縦164.7 ×横76.5 ×厚み 8.9mm
本体メモリ容量
6GB 充電端子
Type-C
バッテリー容量
4,000mAh
製造元
freebit

セイコーソリューションズ:みまもりケータイ4:ソフトバンク回線:本体価格12,240円

SoftBankで販売されている、セイコーソリューションズのみまもりケータイ4は、子どもの位置情報を特定する事ができる点が特徴の、ガラケータイプのキッズ携帯です。販売開始が2017年と、比較的ロングセラーの端末ですが、シンプルな機能性と、中古端末がフリマアプリなどで見つかりやすい点から、今も持っている子は多いようです。
親のスマホ側に、みまもりGPSアプリという独自のアプリをダウンロードしておくと、子どもの位置情報を特定したり、通知を送ってくれる機能もついています。

セイコーソリューションズ:みまもりケータイ4

公式サイト

キャリア ソフトバンク
サイズ
画面サイズ:2.0インチ
本体メモリ容量
- 充電端子
Type-C
バッテリー容量
-
製造元
セイコーソリューションズ

SHARP:mamorino6:au回線:本体価格15,840円

mamorino6は位置情報に関して特化したキッズ携帯です。お子様の居場所が気になった時には、すぐに保護者の携帯から確認をすることができます。auのキッズ携帯の中では唯一、カメラやプラスメッセージが使えるスマホタイプの端末です。
おしゃれなニュアンスカラーも素敵ですね。 防犯ブザーを引くとあの警備会社で有名なSECOMが駆けつけてくれるそうです。

セイコーソリューションズ:みまもりケータイ4

公式サイト

キャリア au回線
サイズ
W55cm×H105×D14.1mm
本体メモリ容量
- 充電端子
Type-C
バッテリー容量
1540mAh
製造元
SHARP

ZTE:キッズフォン3:ソフトバンク回線:本体価格20,880円

キッズフォンは、もはやキッズ携帯のド定番といっても過言ではないでしょう。こちらも、タッチパネルで操作ができる、スマホタイプのキッズ携帯です。
子どもたちが大好きな人気キャラクターデザインの物も販売されており、子どもが持ちたくなる端末としても申し分ない端末かな?という印象。

[画像引用:SoftBank キッズフォン3]

SoftBank公式サイト

キャリア ソフトバンク
サイズ
約52×105×14.9mm
本体メモリ容量
- 充電端子
Type-C
バッテリー容量
1,700mAh
製造元
ZTE

京セラ:キッズケータイKY-41C:docomo回線

充実の見守り機能に加え、マナーモードのオフや着信の自動応答といった「遠隔操作機能」が人気のKY-41C。こちらもスマホタイプのキッズ携帯なので、プラスメッセージやカメラ機能が利用できます。 汚れても泡タイプのハンドソープで洗える防水性能や、耐衝撃性能、割れにくいアクリル素材の画面など長く使える耐久性能が強みなので、元気いっぱいのお子さんにも安心して持たせられます。

[画像引用:docomoキッズ携帯KY-41C]

docomo公式サイト

キャリア ドコモ回線
サイズ
約107(H)×約54(W)×約13.4(D)mm
本体メモリ容量
- 充電端子
Type-C
バッテリー容量
1,500mAh
製造元
京セラ

\iFaceにおすすめ/インナーシート